空き家になった実家の売却を考えているなら

空き家になっている実家を売却しようか考えている、

相続した実家があるけど誰も住んでいない、

空き家の管理や手入れをするのに疲れた、

そのようなお悩みを持っている方は参考にしてみてください。

空き家が増えて社会問題となりつつありますが、これからも増え続けどんどん売りづらくなっていきます。

もし売りたいと思っているのでしたら早めに売ることをお勧めします。

簡単にお申込みできる無料一括査定を紹介していますので、興味のある方は利用してみてください。

不動産売却の一括無料見積もりはこちら

これから空き家がさらに増えていきます

統計局のホームページを見ると空き家率が平成25年には13.5%まで増えています。

統計局ホームページ/空き家等の住宅に関する主な指標の集計結果について

これからも空き家は増え続け、まもなく空き家数が1000戸を超え、それによって空き家率も15%を超えることが予想されます。

日本は人口が減少していきますから、空き家についてはこれからさらに社会問題となっていくことでしょう。

日本の将来推計人口(平成29年推計)報告書

空き家が増えればその中で売却したいという人も増え、不動産市場も供給過多となっていきます。

もしあなたが空き家を所有していて売ることも検討しているのでしたら、売れるうちに早めに売却することをお勧めします。

時間が経てば空き家を売りたいという人がもっと増えますし、築年数も古くなってさらに売りづらくなります。

実家を相続して空き家になっている場合は、自分が育った家ということもあって売却を躊躇してしまうことでしょう。

愛着のある実家を手放したくないという人は実際多いです。

しかし、不動産というものは所有しているだけでも多大なコストが掛かります。

税金などによる金銭的な負担もそうですし、空き家だからと言って放っておくことはできずに定期的に管理や手入れをする手間もかかります。

後々、空き家になっている実家に自分が住む予定でしたら、そのまま所有していていいと思います。

もしそういった予定もないのでしたら、思い切って売却することも検討してみてください。

自分が育った愛着のある家を売るのは心苦しいですが、手放せば金銭的な負担や管理する手間から解放されます。

実家など、空き家を所有していて売却も検討しているという方は、一括無料見積もりを利用してみてください。

ネットで簡単に申し込みできますので、興味のある方は見てみてください。

不動産売却の一括無料見積もりはこちら

空き家になった実家を管理するのは大変

空き家になった実家を管理するのは大変です。

しかも遠方にあるならなおさらです。

しかし住まないからといって放置してはいけません。

家は人が住まなくなると痛むのが早くなりますし、防犯面でも対策が必要なのでできちんと管理をしましょう。

空き家でも防犯対策は必要

空き家でも防犯対策は必要です。
別に誰も住んでいないからといって防犯対策をおろそかにしてはいけません。
むしろ、空き家だと知られて狙われてしまうこともあります。
空き巣に狙われることもあれば、赤の他人が勝手に住み着くこともあります。
そして、敷地内にゴミを捨てられることもあるかもしれませんし、最悪放火の危険性もあります。
これらの犯罪を防ぐためには定期的に見回りをしましょう。
できれば月に一度でも見回りに来れると良いです。

電気、ガス、水道

空き家は電気、ガス、水道をどうするかという問題もあります。
料金に関しては、管理をしていくためにも払っておいた方が良いでしょう。
金銭的な負担にはなりますが、空き家の手入れをするときに電気、ガス、水道は必要になります。

そして、水道に関してですが、通水という定期的に水を流す作業が必要です。
通水をしていないと水道管が傷んでしまい破損してしまいます。
あと、排水トラップによって悪臭を遮断し、ネズミや害虫の進入も防いでいるのですが、通水によって排水トラップの水を保つ必要があります。
長く水道を使っていないと、排水トラップの水が蒸発してしまいます。

電気、ガス、水道の料金は払っておき、定期的に訪れて通水もしましょう。

自治会費や町内会費

別に住んでいるわけでもないのに、空き家になっている実家の自治会費や町内会費を払ってくれと言われることがあります。
自治会や町内会に強制力はないので会費も無理に払う必要はありません。
ましてや空き家になっている実家の自治会費や町内会費を払うのはばかばかしいです。
法的に強制力はないので払わなくて良いのですが、嫌がらせとかが怖いですよね。
陰湿な人がいたりすると何をされるかわかりません。
もし大した金額でなければ、自治会費や町内会費を払っておくというのも一つの手です。

空き家の手入れは他にもいろいろある

空き家の手入れは他にもいろいろあります。
敷地内や家の中の掃除もありますし、庭木や雑草の手入れも必要です。
特に庭木は、伸びた枝がお隣の敷地に入ってしまいご近所トラブルに発展することもあります。
庭木が伸びてお隣に入っちゃいそうだなと思ったら、早めに枝を切っておきましょう。

郵便物が届いていることもあるので、定期的に回収しておきましょう。
郵便物が溜まっていると空き家だとすぐわかるので狙われる危険性があります。

ごみが放置されていたり、庭木や雑草が生い茂っているとご近所から苦情が来ることもあります。
空き家でも定期的に訪れて手入れをすることは欠かせません。

空き家を放置してはいけません

これらの理由から空き家を放置するのはやめておいた方が良いです。
自分が住んでいるわけではないからと放置しておくと、防犯面での問題やご近所に迷惑がかかることもあります。
トラブルが起きてからでは遅いので、定期的に訪れて見回りやお手入れをしましょう。

空き家にも税金や費用が掛かります

空き家だからといって税金や費用が掛からないかと言えばそんなことはないです。

空き家でも、税金やその他費用は掛かってきます。

固定資産税は、固定資産を所有している方に対して課税される税金です。

空き家でも所有していれば毎年固定資産税を払わなければなりません。

固定資産税 – Wikipedia

その他の費用としては、保険や修繕費です。

空き家でも万が一を考え、火災保険などの各種保険には入っておくべきです。

そして、家が傷めば修繕費も必要になってきます。

傷んでいるのに放置していると、そこからどんどん傷みが広がっていきます。

もしかしたら、ご近所に迷惑がかかってしてしまうこともあるかもしれません。

家に傷んだ箇所があればその都度修繕していきましょう。

このように、空き家でも税金は払う必要があります。

不測の事態に備え各種保険にも入っておくべきです。

そして場合によっては修繕費なども掛かってきます。

たとえ人が住んでいなくても、家というもにはお金が掛かってきます。

空き家になっている実家を相続放棄したい

空き家になっている実家を相続すると毎年税金や維持費が掛かります。

管理する手間も発生します。

この負担は所有している限りずっと続くものなのでなかなか辛いものがあります。

一度引き受けるとかなりの負担を強いられるので覚悟が必要です。

相続の話し合いで、実家を誰が相続するかで揉めるというのはよく聞く話です。

遺族同士での押し付け合いが起こります。

みんな空き家の管理や金銭的な負担はしたくないので、話し合いは延々と続きます。

しかし、相続するなら誰かが実家を引き受けなければなりません。

よく、いらないなら相続放棄をすればいいじゃないかと言う人がいますが、これもなかなか難しいです。

相続放棄するためには家庭裁判所に申し立てをしなければいけません。

この期限が3ヶ月以内となっています。

遺産に手を付けてしまった場合も相続放棄はできません。

遺産を売却したり、お金を使ってしまった場合です。

そして、相続放棄する場合は相続財産を一切相続できません。

全ての相続財産を放棄しなければならないのです。

現金や預貯金だけ相続して不動産だけ相続放棄するなんてことはできません。

相続放棄という方法はなかなかとれないです。

では、空き家になっている実家をどうすれば良いのか。

理想は生前に売却して現金化しておくのが一番良いです。

しかしそれもできないことが多いので、一旦実家を相続して、できるだけ早く売却するという方法をとりましょう。

なかなが買い手がつかなくて時間がかかるかもしれませんが、根気よく待って売却しましょう。

これから日本の人口は減ってさらに空き家が増えていきます。

同時に空き家を売りたいという人も増えていきます。

持て余している空き家があるのでしたら、できるだけ早めに売ることをお勧めします。

関連記事:実家を空き家で相続したけど売る決心がつかない方へ

実家が空き家だから有効活用したい

空き家になっている実家を売らずに有効活用したいという方もいるかと思います。

よくある有効活用は、賃貸に出して他人に貸すという方法と、別荘として利用するという方法もあります。

実家を賃貸に出して貸す

実家を空き家にしておくのももったいないから賃貸に出して貸し出す人も実際多いです。
誰も住まないと傷むのも早くなるので、どうせだったら賃貸に出して誰かに住んでもらい、賃貸収入も得ようというのは理にかなっています。
借り手がつけば一石二鳥なのですが、これからの時代はそう簡単にはいきません。

日本の人口は減少し、空き家が余るという話を先ほどもしましたが、これは賃貸に出す場合にも影響します。
空き家率が高くなればそれだけ貸したいというライバルも増えますし、賃貸物件が供給過多になれば賃料も下降していきます。
人口減少社会では、借り手が付きづらく、賃料も減少し、家を貸す大家さんにとって不利な状況となります。

ただ、駅近とか好立地の物件ですと、当然借り手はつきやすいです。
結局物件の状況にもよります。
借り手が付きやすく、これからも賃貸収入を得やすい物件でしたら、貸すのも一つの方法です。

賃貸の無料査定をしてみるならこちら

別荘として利用する

空き家になっている実家を別荘として利用する方も中にはいらっしゃいます。
遊びに来たついでに手入れもできるので別荘として利用するのも良い方法です。
自分が育った実家を手放さずに済みますし、ときおり別荘に遊びに行くという楽しみもできます。
税金などの維持費が掛かってしまうというデメリットはありますが、売るか貸すか決めかねているという方は、とりあえず実家を別荘として利用してはいかがでしょうか。

売却したいならまずは無料査定

空き家になった実家を売却したいなら無料一括査定に申し込んでみてください。

複数の不動産業者から一括で見積もりを取れます。

複数の業者から無料一括査定してもらい比較することでより高い値段で売却できます。

実家を相続したけど空き家になっていて持て余していて売ることも検討しているという方は、無料一括査定を利用してみてください。

ネットで簡単に申込できます。

不動産売却の一括無料見積もりはこちら