実家を空き家で相続したけど売る決心がつかない方へ

実家を空き家で相続したけど売る決心がつかない方も多いと思います。

売るなら早く売った方が金銭的な負担が少なくて済むのですが、なかなか決心がつかない方もいます。

どうしても躊躇してしまうなら、少し時間を置いてみるのも良いのではないでしょうか。

不動産とお金、相続するならやっぱりお金

相続するなら不動産とお金、どっちがいいのか。

今の時代なら、やっぱりお金です。

これからの時代は不動産より現金で相続してもらうことを考える時代です。

バブルが弾けるまでなら、お金より不動産の方が良かった時代もありました。

そのころの時代は不動産の価値は右肩上がりで、不動産は必ず値上がりするという土地神話までありました。

しかし、バブルが弾けたことによってこの神話も崩れました。

今の時代に至っては、土地の価格が下がることは珍しくありません。

そして、土地や家などの不動産は、税金や管理の手間など、維持するためのコストもばかにはなりません。

これから人口が減って土地や家が余る時代になっていくと、不動産よりもお金の方が良いという人が増えるのは自然な流れです。

しかも、相続した家に住まずに空き家になってしまうなら、維持コストが掛かる分、損してしまいます。

そのような不動産を相続するときに、兄弟間で相続財産の押し付け合いが起きてしまうことも珍しくなくなってきています。

今の時代、お金で相続できれば面倒なこともないですし、相続財産をご遺族で分け合うのも簡単です。

不動産よりも揉めることが格段に少なくなります。

不動産を相続するよりも現金や預金で相続した方がメリットが多い時代になりました。

もし、自分が亡くなった後に誰も住む予定のない家が残りそうなら、今のうちに売って現金化しておくのも一つの手です。

そうしておけば、財産を相続するご遺族の方の負担も減らすことができます。

空き家を相続したことで損をしてしまうこともある

相続すれば得をする。

そう考えている方が多いのではないでしょうか。

しかしそうとも言い切れません。

たしかに得をすることも多いのですが、相続してしまったことで損をしてしまうこともあります。

特に空き家を相続するのはこれからの人口減少社会ではリスクがあります。

これまでは、相続すれば得をすることが多かったので、できるだけ自分が多く相続したいと争うことが多かったです。

こういうことは今でも起こっていることですが、近年では逆の現象が増えつつあります。

相続財産の押し付け合いです。

空き家になっている実家を相続しても面倒なので、押し付け合いが起こることがあります。

現金や預金であれば相続することによって得をします。

こういったものであれば基本的に損はしません。

しかし、家や土地などの不動産を相続するなら話は別です。

ものによっては大きな負担を強いられます。

その相続した不動産に自分が住むのであれば特に問題はないでしょう。

むしろ得することの方が多いです。

ただ、誰も住む予定のない空き家の場合、これが厄介になります。

よくあるのが、子供達はすでに独立し持ち家もあるのに、亡くなった親が実家に一人で住んでいた場合。

子供達には持ち家があるので実家に住む必要がありません。

当然、実家は空き家になります。

空き家を相続すると維持費用や管理コストなど、様々な負担がかかります。

こうしたことによって、空き家を相続したことで損をしてしまうというケースが増えてきています。

相続税を不動産で物納することは可能なのか

いっそのこと相続税を不動産で物納したい。

そう思う方は多いです。

条件が厳しいですが、相続税を不動産で物納することは可能です。

売却可能な不動産であれば、現金で納める代わりに不動産で相続税を納めることもできます。

ただ、現金を持っているとできません。

現金で相続税を納めてくださいと言われてしまいます。

不動産の価格が右肩上がりの時代は、国も物納された不動産を簡単に売却することができました。

しかし近年では、不動産を物納されてもそれを売却できないのこともあるので、売れない不動産はいらないということになりました。

田舎にあるような、売りづらい不動産を物納しようとしても、物納不適格財産ということで断られてしまいます。

相続税を不動産で物納することができれば良いのですが、現実はなかなか難しいです。

空き家を売るなら住まなくなってから3年以内に売ると税金の優遇を受けれます

住む予定のない実家を持ち続けてもいつかは手放さなければなりません。

一番大きいのは経済的な理由です。

そして空き家になっていても管理をする手間もかかります。

もともと自分が住んでいた実家を手放すのは心苦しいものです。

誰しも躊躇します。

しかし、いくらその気持ちが強くても、自分の生活に負担がかかるのであれば、いつかは売らなければならないときがきます。

人によっては、売ったお金を自宅の費用にしたい、自分の事業に使いたい、など、実家を売る理由ができて手放すこともあります。

あと忘れてはならないのが、実家のご近所さんに迷惑をかけているときです。

定期的な実家の手入れができなくなると、家が傷むのも早くなり、ご近所さんの迷惑になることがあります。

このように色々な要素が重なって売るべきときが来るのです。

誰も住んでいない家を売るときは3年以内が目安になります。

それは、「マイホームを売ったときの特例」というのがあって、住まなくなった日から3年を経過する日の属する年の12月31日までに売ることという条件が付いているからです。

これを過ぎると掛かってくる税金の額が変わってきてしまいます。

この特例では、譲渡所得から最高3,000万円まで控除ができます。

これが適用されるかされないかで大分変わってくるので、後々売る予定であれば、住まなくなった日から3年以内に売るべきです。

マイホームを売ったときの特例|国税庁

別に掛かってくる税率が変わるだけで売れなくなるわけではありません。

どうしても売る決心がつかないのであれば、保留にしても良いのです。

決心がついたときに売ってもいいですし、誰かが住むことになるかもしれません。

ただ、誰も住んでいない実家を売るなら3年以内に売ると、税金の優遇を受けれるので覚えておいてください。

親が介護施設に入り空き家になったタイミングも一考の余地あり

親が介護施設に入り、実家が空き家になってしまった。

こういうタイミングも実家をどうするか改めて考える良い機会です。

貸す、売る、空き家のままにする、という方法がありますがそれぞれについて考えてみましょう。

貸す場合のメリットは家賃収入が入ることです。

そして、貸家にしておくと相続するときの税金も有利になります。

貸すことによって金銭的なメリットを享受できます。

しかし貸すと言っても簡単ではありません。

介護施設に入っていると言っても親はまだ生きています。

施設から出て戻ってくることもあるかもしれません。

そもそも勝手に貸すなと親から言われることもあるので貸すのは難しいです。

そして貸せたとしても、借主が良い人でない場合、トラブルに発展するかもしれないリスクもあります。

売る場合のメリットも売却することによってお金が入ってきます。

空き家になってから3年目の年末までに売れば税金の優遇も受けれます。

誰も住んでいない空き家を管理する負担からも解放されます。

しかし、貸す場合同様、施設から戻ってくることもあるかもしれませんし、たまには家に帰ってみたいと言うかもしれません。

親が生きているのに実家を売ったり貸したりするのは心情的にも抵抗があります。

結局、空き家のままにするという選択をする人が多いです。

親の体調が良くなることもあるでしょうし、家に戻りたいときには戻れるようにしてあげたいものです。

ただ、いざというときは売るという選択肢もあるということは頭に入れておきましょう。

実家を売るというのは心苦しいですが、介護費用を捻出するために売るときが来るかもしれません。

貸す、売る、空き家にするという選択肢があっても、貸したり売ったりするのは心情的になかなか難しいのが現実です。

しかし、親が介護施設に入り空き家になったタイミングも一考の余地ありです。

実家を売るのに抵抗があるなら時間を置いてみよう

実家を売るのに抵抗があるという方は多いです。

むしろ、ほとんどの方が実家を売るなんてできないと思うはずです。

それは当然です。

自分が生まれ育った、思い出が詰まっている家を売るなんて、なかなかできることではありません。

それなのに、誰も住まない空き家になったからといって、おいそれと売ってしまおうなんてできないのがあたりまえです。

金銭的には早めに売ってしまった方が得だというのはわかります。

誰も住んでいなくても固定資産税は掛かりますし、その他の維持費も掛かります。

売れば金銭的な負担はなくなりますし、売却したことにより収入も入ります。

しかし現実は、1年以上売らずにいる方が多数派です。

やはり、実家を売るという決断には時間が掛かるものです。

実家を相続するときは、いろいろな手続きがあってバタバタしています。

そういったこともあって1年くらいは売らずにいるというのもあります。

もし、実家を売るのにどうしても抵抗があるというのなら、決断は急がずに少し時間を置いてみてはいかがでしょうか。

時間を置くことによって心の整理がつきます。

心の整理がついてから、あらためて売るかどうかの判断をしてみてください。

不動産売却の一括無料見積もりはこちら